美容学校講師のブログ講義(香粧品化学)

美容師を目指す向けて努力している学生のために、少しでもお役に立てればと、香粧品化学やアンチエイジングに関するお話をしていきます。

美容師国家試験解説26

第29回国家試験より引用

香粧品に関する次の組み合わせのうち、誤っているものはどれか。

① 酸化染料 ー パラフェニレンジアミン
→◯ 永久染毛剤に含まれる中間染料体です。酸化されることで発色しますが、アレルギー反応を引き起こす場合があるので、使用の48時間前にパッチテストを行う必要があります。

② パーマネントウェーブ用剤(第2剤) ー 臭素酸カリウム
→◯ 過酸化水素水とともに酸化剤として働き、毛髪内のシスチン結合を再形成します。ただし、過酸化水素は脱色作用もあるので使用には注意が必要です。

③ パーマネントウェーブ用剤(第1剤) ー チオグリコール酸またはその塩類
→◯ チオグリコール酸とシステインは代表的な還元剤で、アルカリ性条件下で毛髪内のシスチン結合を切断します。

④ 酸化染毛剤 ー システインの塩類
→×(正解) ③でも紹介致しましたが、システインはパーマネントウェーブ用剤です。

#美容師#国家試験#酸化#染毛剤#パーマネントウェーブ用剤#化学#過去問#解説